上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ひなさん、先週から(7月19日)、しつけ教室のパピーコースに通うことになりました。
辻堂の東海岸にあるとある教室。

一度、ペットショップでしつけ教室に参加したのですが、ちょっと思っていたのと違うところもあり、どうしようかと思っているところ、mixiのコーギーコミュニティで教えてもらった教室です。

「いぬのきもち」などにもでている有名な先生だったりするようです。
明るくてはきはきしていてとても楽しく通えそう。
http://www.pupsfriends.com/


いやはや。
ひなさん、いいこだと思っていたけど、やっぱりまだまだ、学ぶことは多し。 というか、お家でいいにできても、外ではまた思うようにならなかったり。。。
そして、ひなさんはね、わんこですからね、わんこのコミュニティの中でもいい子にできないとダメですよね。

今回は、今週で子供コースを卒業という生後6ヶ月のわんちゃん3匹(トイプードル・ジャックラッセル・あと???犬の種類わすれてしまいました)とご一緒でした。

固まるひなさんの様子が先生のブログのページに紹介されております(笑)



犬のしつけといえば、大学の般教でかじったことのある、そうあの「オペラント条件付」。
ってか、は、心理学系の専攻じゃなかったけか!?

「オペラント条件付け」=ある行動を行った時、その行動に対して報酬や罰を与えることで、その行動をより強めること。報酬や罰といった外的な要因により行動を決定するのがオペラント条件付け。

なんて小難しくいわず、要は、いいこと(おやつ)あげるから、オスワリしようね~って教えればいいのよねー、余裕余裕とかおもっていたのですが、ちがうのねー。
コミュニケーションのとり方が断然大事みたいです。

コミュニケーションの取り方が、は断然下手っぴ。
中途半端な位置でごほうびあげてしまったり、ひなさんどうしたらいいのか、???でオタオタ。


ところが、ワシワシ暴れてるわんちゃんも、先生が上手にリードすると、おとなしくいいこになったりするから、不思議。 やっぱり、わんちゃんにわかりやすい指示の出し方だったり、コミュニケーションのとりかたってちゃんとあるんですよね。
ここでは、、「ダメ」とか「しかる」というしつけではなく、ダメなことをさせないように教えてあげるのが基本のようです。

まずは、飼い主が賢くならないとなんですねー。

今回練習したこと
・アイコンタクト(おやつをあごのところに持っていき、目があったら、足元でご褒美をあげる)
・ママのソバにいるといいことがある(名前を呼んで、足元にきたら、自分のすぐ足元近くでごほうび)
・そばにいるといいことがある その2(ひなさんは、しかられていた時期があるせいか、
 近くにきても、ふっと1、2歩後ろにさがってしまう癖があるので、ひざの上にのったらごほうび)
・よびもどし(ひな、と呼んで、近くにきたら、すぐ近くまできた時点でごほうび)
・足のしたをくぐるトレーニング(座って足をのばして、ひざのしたをくぐらせる。
 ひざの下で伏せの姿勢でとまってごほうび)
・ママのそばでリラックス(ひざの間にオスワリ(フセ)して、ご褒美をあげて
 くた~となるようになぜたりして、おちつかせる)
・他のわんちゃんとのコミュニケーション

他にもいろいろやったきがするのですが、覚えていないところもあるかもしれない。。
もったいない。。。。次回はちゃんと覚えてくるぞー。

IMG_5247_convert_20080727220125.jpg

IMG_5248_convert_20080727220159.jpg
はじめてのしつけ教室で、疲れたのが、ぐったりのひなさん







スポンサーサイト
2008.07.27 Sun l しつけ教室・トレーニング l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hina0833.blog50.fc2.com/tb.php/32-d42eb06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。